打印本文 打印本文  关闭窗口 关闭窗口  
“ 樱花时节又逢君 ” 中日艺术家交流展
作者:  文章来源:  点击数 0  更新时间:2017-3-25 22:34:08  文章录入:admin

樱花时节又逢君


桜の季節にまた君に会う

中日艺术家交流展

日中芸術家交流会


2017.3.26~4月26日

(午前10点開幕)

策展人:桥本钦至

無錫苏珈美术馆


出展芸術家

日側:成田禎介/ 遠藤彰子/戸田碧/田澤伯堂 

中側:朱寒光、阿森

开幕式后将举行中日艺术家交流笔会活动


展览前言


    樱花时节,德高望重的日本相模原市中日友好交流协会会长桥本钦至先生,引荐四位日本知名艺术家:远藤彰子、成田禎介、田澤伯堂、户田碧,与无锡两位艺术家朱寒光、阿森先生举办联展,互展画艺,共餮观者。


    日本绘画艺术融贯东西,古代受中国唐宋文化之影响,近现代又接受西方艺术的浸染,后又反过来影响东西方,是一个拿来主义去粗取精的特殊文化现象。日本紧邻我国,艺术自然一衣带水互通有无。


    相模原市位于日本神奈川县北部,是一个有着相当文化底蕴的城市,此次参展的艺术家远藤彰子是日本当代具象画坛的代表画家;成田祯介则以风景与静物画名动京都;田泽伯堂继承日本水墨传统;户田绿则代表当代日本艺术的风格;而朱寒光与阿森则分别代表了古典传统与现当代的不同艺术风格。他们的作品呈现于一个维度,是异思潮与风格的纵横向的对比,是一次深刻的文化互醒与促进。


    此次展览期间,户田碧与田泽伯堂将来锡出席开幕式,并与朱寒光阿森一起泼墨挥毫,成无锡画坛之美事。


    艺术无国界,唯有真诚与交融,方显境界与心胸。本次展览共展出作品60余件,可管窥中日不同之艺术现状。


遠藤 彰子


    1947年,出生于东京,1968 年武藏野美术大学毕业,1986 年日本文化厅外派印度研修,曾担任日本经济新闻晚报、每日新闻、朝日新闻朝刊等插画艺术家,现为武藏野美术大学造形学部油画科教授。

    1977—2015年期间,曾于纪伊国屋画廊、日动画廊、筑波美术馆、上野的森美术馆等举办个展,获得2006年二纪展・内阁总理大臣奖、2007年艺术选奖文部科学大臣奖(美术部门)等。作品被公共文化厅、东京国立近代美术馆、茨城县近代美术馆、富山县立近代美术馆、北海道旭川市美术馆、横滨美术馆、府中市美术馆、新泻市美术馆、网走市市立美术馆、滨松市美术馆、森美术馆、东日本铁路文化财团、相模原市等机构收藏。

    远藤彰子是当代日本具象画坛代表性女画家,其作品气势恢宏,构思奇异,想象力丰富,表现出种种超越时空的心理体验。她的画面宛如梦境中的城市,人群和鸟兽构成一幅幅不可思议的画卷,唤起观者在遥远儿时所体验过的好奇与恐惧、自由与不安。


略 歴 [学歴・履歴]

1947 年 東京都に生まれる       

1968 年 武蔵野美術短期大学卒業        

1999 年 武蔵野美術大学造形学部油絵科教授就任(~現在に至る)

 

主な個展

2008 年 -満ちゆく生命-遠藤彰子の世界展(池田 20 世紀美術館)

2009 年 遠藤彰子展-絵からとびだした名脇役たち-(色彩美術館 )

2015 年 Ouvir la profondeur de lʼame〈邦題:魂の深淵をひらく〉(パリ国立高等美術 学校) 2016 年 遠藤彰子の世界展~COSMOS~(相模原市民ギャラリー)      

2006 年 二紀展・内閣総理大臣賞《見しこと》(他、全 8 回受賞)      

2014 年 紫綬褒章(芸術文化功績)受章 [主なパブリックコレクション] 文化庁、東京国立近代美術館、茨城県近代美術館、富山県立近代美術館、北海道立旭川市 美術館、横浜美術館、府中市美術館、新潟市美術館、網走市立美術館、浜松市美術館、彫 刻の森美術館、東日本鉄道文化財団、相模原市、他多数。 

展览作品


我的街道

织成的白线

成田禎介

    1938年出生于东京,都立三田高中毕业后,在青山书画研究所跟随小川伝四郎学习绘画。他一反当时美术界盛行的抽象画,追求风景与静物的表现。1969年在改组后的第一次日展上入选,后成为会员、议员。曾于富士电视台画廊、三越、高岛屋等多地举办个人画展。2008年获得模原市文化表彰。现为相模原艺术家协会副会长、八仙花大学的讲师、驻日展评议员示现会常务理事。

 

略歴

1938 年東京に生まれ、都立三田高校卒業後、青山絵画研究所にて小川伝四郎に学ぶ。当 時の美術界は抽象画全盛の時代でしたが、ひたすら風景や静物など具象画を突き進みまし た。

1969 年には改組第 1 回日展に初入選し、後に会員、評議員となります。その後、示現会 や日展を中心に発表を続ける一方、フジテレビギャラリーや三越、高島屋などで個展を多 数開催しています。   

2008 年には、相模原市文化表彰を受賞。

  

主な個展

1969(昭和 44)年 改組第一回日展に初入選 示現会会員に推挙される 個展(フジテレビギャラリー 以後 7 回開催)

1974(昭和 49)年 個展(大阪高島屋) 1977(昭和 52)年 国際形象展

2001(平成 13)年 個展(日本橋三越本店・仙台三越)  

2006(平成 18)年 個展(日本橋三越本店・仙台三越) 日展審査員

2013(平成 25)年 個展(池田 20 世紀美術館)  

現 在 日展評議員 示現会常務理事

展览作品


寂寞的海


田澤 伯堂

    1940年出生于东京,毕业于国学院大学文学部,书法师从每日书道会常任顾问山崎晓子先生,水墨画受教于南云稔也、王农、张驰、沈和年等多位老师。现任每日书道会审查会员,日本书道美术院一科审查会员,明日香会,横滨书作家协会、国际书画联盟常任理事,全国水墨画优秀作品展评委,相模原市书道联盟会长,相模原市水墨•日本画协会会长,书画研究社团伯水会主持。

略歴

    1940年東京に生まれて、国学院大学の文学部から卒業です。毎日書道会の常任顧問山崎暁子さんから教授してもらっていました。水墨画は南云稔也さん、王农さん、張馳さん、沈和年さんなどの先生たちから勉強してもらっていました。現職は毎日書道会審査员、日本書道美術院一課審査会会員、アスカ、横浜書作家協会、国際書画連盟常任理事、全国水墨画優秀作品展審査員、相模原市書道連盟会長、相模原市水墨・日本画協会会長、書画研究サークル伯水会の司会です。

展览作品

山樱

与謝野蕪村诗

戸田 碧

出生于三重县,就学于中岛清之中岛千波,1970年女子美术大学服装设计专业毕业。

1992 年获得第10回上野的森美术馆大奖展绘画大奖

1993 年获得美术奖学金(吉井画廊,东京)

2009年于纽约举办“Living Waters‐活水”个展

2012年个展“Living Waters‐活水”,参加多伦多现代艺术展

2016年从大震灾到5年的“现在”展(空间画廊)

2017年举办 “被抛弃的牛‐比福岛还‐”个展〔银座井上画廊〕


三重県に生まれる

中島清之 中島千波に学ぶ

1970 女子美術大学(短期)衣服デザイン科卒業

1992 第 10 回上野の森美術館大賞展 絵画大賞受賞 現代女流美術展〔上野の森美術館、彫刻の森美術館〕~ʼ99 年 第 47 回春の院展入選 第 77 回院展入選

1993 日本 IBM 美術奨学賞受賞 「戸田みどり展」〔吉井画廊、東京〕

2009 個展「Living Waters‐生ける水」展(ニューヨーク)企画

2010 精神障碍者と市民の交流「さがみハート展」主催〔相模原市民ギャラリー〕以後毎 年開催

2012 個展「Living Waters‐生ける水」展トロントアートエキスポ 2012(カナダ)企画

2016 あの大震災から 5 年の「今」展〔ギャラリースペース游〕

2017 個展「見捨てられた牛‐フクシマより‐」〔銀座井上画廊〕
展览作品

朱寒光


朱寒光,号大庸,生于1974年,创建【庸庐】个人工作室,学习于中国美术学院山水专业、师从王福元先生。

2013年7月无锡苏嘉美术馆: 唯境朱寒光个人作品展

2015年6月蓉运壹号策展展出[70后三人水墨展]

2015年10月7日应邀苏珈美术馆中日茶事个人作品展

2015年12月作品入选首届江苏美术奖

2016年5月28日[清寂美境]70后三人水墨展(第二回)

2016年8月21日[上海画廊]世外2016-朱寒光(海上)个人作品展

2016年10月28日朱寒光(武汉竹雕博物馆)个人作品展

2016年9月应邀李可染画院成立青年画院首届邀请展 

 

朱寒光、号大庸、1974年生まれる。【庸庐】スタジオを作成し、中国美術学院の山水専攻、王福元先生の弟子。

2013年7月無錫蘇嘉美術館:唯境朱寒光個人作品展覧会

2015年6月蓉運壹号:「70代三人水墨」出展

2015年10月7日:蘇珈美術館日中茶道個人作品展覧会

2015年12月作品は江蘇省第一回美術賞を入選

2016年5月28「日清寂美境」70代三人水墨(第二回)展覧会

2016年8月21日「上海画廊」世外2016-朱寒光(上海)個人作品展覧会

2016年10月28日朱寒光(武漢竹雕博物館)個人作品展覧会

2016年9月招きに応えて李可染書画院成立靑年画院の第1期の招待展を出席

展览作品

听泉图  46X33cm  国画

竹林七贤   69X34cm  国画

阿森


阿森,原名王建森,1971年生于江苏无锡,职业艺术家。 

2016年9月 《繁花》个展,苏珈美术馆

2016年10月《繁花》个展,南通中心美术馆

2017年,作品《繁花》被选定为无锡地铁主题

 

阿森、フルネームは王建森、1971年生江蘇省無錫出身、プロアーティスト

2016年9月25日  《繁花》個人展覧会、蘇珈美術館

2016年10月15日  《繁花》個人展覧会、南通中心美術館

2017年の作品《繁花》は無錫地下鉄のテーマ記念に選定され

展览作品


三口之家     60X90cm    纸本钢笔

并蒂莲     60X90cm   纸本水彩